産地別のコーヒー豆~「コスタリカ」のコーヒー豆ってどんな味?|珈琲特急便

産地別のコーヒー豆~「コスタリカ」のコーヒー豆ってどんな味?

珈琲特急便編集部
2018年10月17日

産地別のコーヒー豆~「コスタリカ」のコーヒー豆ってどんな味?

コーヒー豆の代表的な産地のひとつ、コスタリカ。

スペシャルティコーヒーという形でその名前を聞くことも多いかと思います。

今回はそのコスタリカのコーヒー豆についてご紹介します。

コスタリカってどんなところ?

コスタリカ共和国は中米の1国で、東西をカリブ海と太平洋に挟まれた細長い地形の国です。

国土の面積は5万1,100平行メートル。九州と四国を合わせたほどの広さで、そこに500万人弱の人々が暮らしています。

国土はそれほど広くはありませんが、その中央部には険しい山脈が連なり、非常に起伏に富んだ地形が特徴です。

その山脈の中には富士山より高い山もありますので、かなりの高低差がある土地といえるでしょう。

気候は高温多湿な熱帯に属しますが、国の主要部である中央盆地では年間を通して最高気温が25度前後と過ごしやすく、季節による気温の変化はほとんどありません。

山に近い地域はさらに涼しく、コーヒーノキの生育に適した環境であることから、コーヒー栽培が盛んに行われています。

また、年間の降水量はかなり多く、とくに雨季である5~11月はほとんど毎日のように雨が降ります。コーヒーの栽培はこの雨季を避けた12月から翌2月くらいまで行なわれています。

コスタリカのコーヒーの歴史

コスタリカでコーヒーの栽培が始まったのは1800年初頭。ほどなくしてコーヒー産業は急速に広まり、国を代表する農産物となりました。

1933年にはコスタリカコーヒー協会(ICAFE)が設立され、国を上げて生産から輸出までの管理を徹底。コーヒーの栽培による環境破壊の問題にも取り組み、生産性の向上と環境保護の両方に力を入れてきました。

また、コスタリカは国の一大産業となったコーヒーに関する独自の政策として、1988年よりアラビカ種以外のコーヒー豆の生産を禁止する政令を施行。高品質なコーヒー豆のみを扱い、ブランド力の維持にも努めています。

現在、コスタリカのコーヒー豆生産量は年間約7万6000トンにも及んでおり、高品質のコーヒー豆を安定的に生産していることから、世界的にもその価値が高く認められています。

コスタリカのコーヒー豆生産事情

コスタリカでは中・小規模の農園を中心とし、8万軒以上の農家がコーヒー豆の生産に携わっています。

その多くは標高1000m以上の涼しい高地にあり、豊かな土壌に加えて日照、気温、降水量などの条件面でもコーヒーの栽培にはもってこいの環境といわれています。

一方で、小規模な農園が多いことから、かつては地域一帯の農園が生産したコーヒー豆をひとまとめにして精製、出荷していたため、豆の品質にバラつきがあることが問題視されていました。

しかし2000年代に入って「マイクロミル(小さな生産処理場)」が増え、農園が自前で豆の精製から輸出まで行なうようになったことで、各農園の特色が顕著に表れるようになり、中でもとくに質の高い豆はスペシャルティコーヒーとして注目されるようになったのです。

コスタリカのコーヒー、気になるその味は?

気になるコスタリカ産のコーヒーの味ですが、一般的には明るい酸味が特徴的で、軽くさっぱりとした上品な飲み口といわれています。もちろん焙煎の度合いにもよりますが、苦味は控えめなものが多いようです。

ただ、これはあくまで一般論で、コスタリカでは気候や地形の条件に応じて国を7つの地域に分け、それぞれの地域の特色を活かしたコーヒー豆を栽培する。という国の方針があります。

そのため、一口にコスタリカのコーヒー豆といっても、その味や香りの特徴、傾向は地域ごとに異なり、大まかに7つの系統のコーヒー豆が存在といってもいいでしょう。

豊かな自然環境に恵まれ、国が全面的にバックアップするコスタリカのコーヒー豆。「マイクロミル革命」によって生まれ変わった高品質なその味わいをぜひ堪能してみてください。

高品質な珈琲といえば

焙煎したてのコーヒーを、ご自宅で気軽に楽しみたい…なんていう贅沢、一度は考えたことあるのではないでしょうか?

ご存知の方も多いと思うのですが、コーヒーは生鮮品。焙煎してから時間が経つと、どんどん古くなって酸化し劣化する飲み物なんです。

コーヒーの酸味が苦手と思っている方は、焙煎から時間が経ち古くなって劣化した「味=酸味」が、酸化して酸っぱくなってしまったと舌が感じてしまうからだそうです。

そもそもお店(スーパーとか)に買いに行っても沢山の種類があって、もはやどれを選んでいいのかさえ、わからなくなることもあるのではないでしょうか。

そんなあなたにこの珈琲特急便!

生豆の選定・配合・焙煎までを焙煎歴25年以上の職人が見極めたこだわりの逸品
焙煎した翌日出荷。あえて豆のままお送りすることで鮮度を損なわず、約100時間以内の一番美味しいタイミングで自宅に届く
熟練の技術で豆を配合した、毎日飲んでも飽きないブレンド・コーヒー
飲みきれる必要な量だけを月2回、定期的にお届け!
定期便はいつでも解約できる!
いつでも送料無料!

そんな珈琲特急便、皆様ぜひ一度お試ししてみてはいかがですか?

珈琲特急便の詳細はこちらから!

Follow Me!
  • Instagram
  • Facebook
  • メールマガジン
この記事をシェアしよう!
▲ PAGE TOP
Copyright © AIJ Inc. All Rights Reserved.